興味と関心


スマホ動画制作会社に動画制作を頼む際に動画が完成した後、実際に動画を配信した後効果測定、検証をしている会社をおススメします。成果分析をすることによって実際に狙った顧客視点で作られているか、顧客が見たい動画が制作できているかを確認できます。

動画の効果測定の検証として、動画の構成や演出を変えてサムネイル画像も変更させるなどでも違う効果が得られることができるのでそういったテストを実施した上で改善をすると良いでしょう。動画は再生させられれば良いという訳ではありません。たとえ動画再生率が高くてもほんの数秒しか視聴されないのがほとんどでは意味がありません。再生数がたとえ少なくても平均視聴時間が長い動画の方が効果あります。しっかり動画の序盤の5秒以内にユーザーに興味、関心を持たれてそれが結果へとつながっているのが分かります。

効果ある動画制作のポイントは最初の数秒で要点をまとめてメリットを視聴者に伝えることが大事です。まずは動画に興味をもってもらわなければ視聴者はスキップしてしまうため、演出で動画に関心を持たれるという手法もあります。とにかく最初はインパクトで興味を持たれることです。それが商品への興味へ変われば自然と成果に表れます。