動画制作の流れ


パソコン動画制作会社に動画制作を頼む場合、企業・商品のマーケティング情報を共有することが大事です。まずは会社と商品の事は動画制作会社に理解してもらうことです。企画打ち合わせ段階で動画のベースができると思った方が良いでしょう。スケジュールや予算があればしっかり会社と打ち合わせ段階の時に伝えておきましょう。商品の詳細や規模をある程度制作会社側が理解した後、絵コンテで流れと目的をクライアントに提出します。その段階で制作にかかる金額を提示する会社もあります。

撮影の準備をして、撮影の本番日にはクライアントが撮影をチェックして、1カットずつ現場とクライアントでチェックして進めていきます。映像の目的としてクライアントから要望があれば撮影現場で撮影スタッフに意図を伝え多少演出を変えてもらうこともできます。カメラを通しての映像をクライアントのチェック用として見せてくれるので、しっかり現場でチェックできます。その後編集し、納品という流れになります。納品後も視聴回数や傾向をレポートにまとめるサービスを行う動画制作会社もあります。

動画制作会社を選ぶポイントとしては動画完成後も効果測定、検証を行っているところを選ぶのが良いでしょう。